FAMILY NOTE

趣味や調べもの、子ども達のささいな質問、家族の出来事などを記事にしていきたい!

花粉症かと思ったら・・・経験したことのない生活に

f:id:tarubomirubo:20180403124606p:plain
花粉が飛び回っている季節ですね。ぱんつ家族は以前の記事でも書きましたが私以外は花粉症の症状にて毎年つらい日々を送っています。ぱんつ本人もなんちゃって花粉症なので症状の出る日、出ない日とあります!でも今回はちょっと違いました。

花粉症

f:id:tarubomirubo:20180403124243p:plain
花粉症対策としてみなさんは何かしていますか?いちごパンツ一家はヨーグルトがいいと聞いたことがあるのでヨーグルトを食べていますね。あとはカテキンが聞くらしいのでこの時期はカテキン茶を飲んでいます。ダイエットにもいいですし・・・
もうひとつは、キノコを食べる。これはいちごが病院の先生に聞いたようでキノコを食べるといいらしいですよ!どのキノコだったか忘れてしまいました・・・でもいちごパンツ一家はキノコが好きなので昔からキノコを食べる習慣があります。

外に出るときは、メガネをかけたりといろいろと対策をとっていますが私以外の家族は特に効果がないように感じます(笑) 昔に比べてたら軽くなったようにも感じますけど!

kazokudetukuru.hateblo.jp

鼻水、咳

花粉症の症状として代表なのが鼻水、目のかゆみ。他にもくしゃみや咳、肌が弱い人は皮膚がかゆくなる方もいるようです。ぱんつも最近で鼻水が多くなってきました。そして咳もなんだか多くなってきてとうとうわたしも花粉症デビューかなと感じていました。そう感じていた時に突然・・・・


食事をしたら味がない・・・


最初は、あれっぐらいの感覚でしたが、やっぱり味がない・・・ためしに醤油をなめてみました。やっぱり味がない・・・無味・・・身体で何かかが起こっていると怖くなりました。
この事をいちごに話したらいちご本人も花粉症で鼻詰まりが酷くなると味を感じなくなる時があると聞き少しほっとしましたよ!

次の日の朝ごはん、やはり味がない・・・私の味覚はどこに???とても不安な気持ち一杯で仕事に・・・そこで気付きました!工場なのでいつも油臭いのですが臭くない?!あれっと思ったので匂いのきつい油で匂いチェック!


匂いがしない


たぶん、味覚と同時に嗅覚までなくなってしまいました・・・もうとにかく不安で仕方ないので午後には社長に頼み込んで病院に行かせてもらいました。ちょっと有名な耳鼻科に行き診察してもらった結果、急性副鼻腔炎でした。急性副鼻腔炎と言われてもよく分からなかったので先生にもしかしてちくのう症ですか?と尋ねたところ、ちくのう症ともいいますね。との回答。

原因は、花粉症だと思っていた鼻水、咳等が実は風邪の症状だったようでその風邪のウイルスからの細菌感染が原因だと言われました。みなさんも気をつけてください。

副鼻腔炎(急性・慢性)

ちくのう症は俗名なんだそうです。俗名なので正式な医学的用語ではありません。
でも、世間では一般的にちくのう症と言う名前が知られています。

医学的には慢性の副鼻腔炎を事を「ちくのう症」と言うらしいです。ですが急性と慢性の境界線が曖昧な事もあり、副鼻腔炎とされています。ぱんつの場合は、副鼻腔炎特有の臭い等の症状がみられなかったので急性と診断されました。薬を飲んで治らなければ慢性の可能性ありとの事。「慢性」の状態なら、副鼻腔が炎症を起こし、中に溜まった膿が排泄できなくなるそうです。その為に炎症が悪化していき、さらに膿が溜まるという恐ろしい状態になるようです。

副鼻腔の初期症状

風邪の初期症状に似ているために気付きにくい。風邪、花粉、カビなどが原因のひとつで鼻の粘膜が炎症をおこして鼻づまり、鼻水がでるなどの症状。そのままぱんつのように何もしないでいると副鼻腔に膿が発生する。また鼻水が、ドロッとした黄色の鼻水に変わります。ぱんつは病院に行くときはまだ黄色っぽくなく、ドロッとしたほんのり色がついた鼻水でした。

また膿が溜まってくると鼻の周りや目の下あたりが痛くなったり、頭痛などの症状が出現します。
この痛みや頭痛は、医師に言われてたしかに目の下に痛みと言うか違和感はありました。寝不足かなと勘違いしてました(笑)

急性副鼻腔炎

1ヶ月未満(約1ヶ月以内に症状がなくなる)
鼻水がドロッと膿性になり、頬部痛や発熱などの急性炎症症状が起こります。風邪の症状に近いです。要因は、ウイルスや細菌が副鼻腔に感染し、炎症反応を起こす。

慢性副鼻腔炎

3ヶ月以上
症状は、急性副鼻腔炎と同じです。また上記に加えて頭痛などが酷くなっていきます。この症状が3ヶ月以上続く事になります。症状が治まらず慢性期に入ってしまうと、ウイルスや細菌感染ではなく膿が原因になってきます。膿がなかなか排出できずに、炎症が悪化して更に膿が溜まる。という状態になり、慢性副鼻腔炎となります。

副鼻腔炎の治療

よく耳鼻科にある鼻シューを15分間実施後に病院は終了。薬をもらって帰宅。まずは抗生物質で炎症を抑えながら溜まっている膿を排出していきます。また鼻うがいもいいとネットで書いてあったので薬局に行き鼻うがいを購入。早速家に帰宅後、初の鼻うがいをやりました・・・

ちょっと怖かったですが、意外とツンとならずに気持ちがいいです。うがい薬のような液体で鼻うがいをするのですがとっても鼻の中が爽やかになりますよ!花粉症にもいいかもしれません!!

パンツはこちらを購入しました。

後鼻漏(こうびろう)が出現

薬を飲み始めて4日目ぐらいから濃い鼻水から、喉の奥に落ちていく後鼻漏が出現。ぱんつは親父なので喉に現れた鼻水は痰を出す要領ですべて吐き出しました。その色はほとんど黄色のドロッとした鼻水でした。こんな鼻水は飲み込みたくありません。

そもそも副鼻腔って??

人間の顔には、骨があります。その骨の頬、顔、目のまわりの骨の空洞部分のことを副鼻腔といいます。通常は何もないので空洞の状態ですが、副鼻腔の炎症が起こり、そのままにしておくと膿が溜まりはじめます。これが「ちくのう症(蓄膿症)」。

最後に・・・

今回の急性副鼻腔炎(ちくのう症)は食べ物の味、匂いがとても重要な物なんだなと実感させられました。約2週間程で徐々に味覚が戻ってきて今ではなんとか匂いも味のわかるようになりました。

味覚がないということは、何を食べても味・匂いがしないんです。醤油を飲もうが味がしない・・・実際は飲んでませんよ!とにかく味がしない・・・耳鼻科に行き、薬をもらって飲んでいても1週間目ぐらいから本当に治るのだろうか??と不安になりとても恐ろしくなりました。この先、一切味も匂いもしない生活が送れるのだろうかと・・・

皆さんも同じような経験をした方がいるかもしれません。味覚のない世界はとても恐ろしいです。食べる気力さえ失ってしまう所でした。もうおじさんなので今一度健康に対してしっかりと向き合おうと思います!












【スポンサードリンク】

スポンサードリンク
スポンサードリンク