FAMILY NOTE

趣味や調べもの、子ども達のささいな質問、家族の出来事などを記事にしていきたい!

腰痛持ちの方には共感できるこの痛み・・この動き・・

通称 ぎっくり腰

f:id:tarubomirubo:20170605130321j:plain
ぎっくり腰は、皆さんも知っていると思いますが、ぎっくり腰という名称はありません。急性腰痛症という正式な名称があります。でも一般的にはぎっくり腰と言っている気がします。
ぎっくり腰になった時に病院に行き、医師にぎっくり腰ですか?と尋ねたら急性腰痛症ですね。と突っ込まれました。その診断中の会話中にもぎっくり腰と私が言うと必ず医師は急性腰痛症です。と突っ込まれました。

ぎっくり腰って?(急性腰痛症)

良く耳にするのが、ぎっくり腰の名前の通りに、「ギクッ」や「グキっ」「ビキッ」などと表して腰に激痛が走ってその場から動けなくなる症状です。ぎっくり腰になったことのある方はよくわかると思います。私もぎっくり腰になった時は、時間が止まったかのように一歩も動けませんでした(笑)

この急性腰痛症は、突然、腰部に痛みが発生する病気になり、筋肉の損傷、筋膜の炎症、関節部の捻挫などが起こり発症します。1度でもこの急性腰痛症になってしまうと、癖になりずっと腰痛に悩まされてしまいます。もともと腰痛持ちでしたが急性腰痛症になってからは日々注意して生活しています。



【スポンサードリンク】

腰痛持ちの悩み

腰痛を持っている方なら共感できるかもしれません。そんな悩みをいくつか並べてみました。

激しい咳やくしゃみ

生活しているなかで、皆さんも咳やくしゃみをすると思います。そこで腰痛持ちの悩みのひとつ。咳やくしゃみが引き金にぎっくり腰(急性腰痛症)になるんです。周りの人達は大笑いですが本人はかなりの激痛が走っているのです・・・

何かを拾うとき

重いものを持つときは腰をやらないように気を付けながら持つので結構平気なんです。でも一番恐ろしいのが、何でもないボールペンやゴミなどを拾った時などに突然ぎっくり腰になる時があります。もう自分の身体に笑ってしいます。

ソファが苦手

この柔らかいソファ、腰痛がない方には最高の座り心地だと思います。でも腰痛持ちには怖くて仕方ありません。座る瞬間はなんとか座れると思いますが立ち上がるのが、かなり慎重になります。

再発のリスク

生活をしている中で、常にグギッと再発するかリスクを抱えて生活しています。日常生活の動きでも疲れ等が溜まってくる再発します。再発するときはなんの前触れもないのでただ痛みを堪えます・・・

普通に座るより正座が好き

あぐらをかいて座ったり、足を伸ばして座るよりもなぜか安心感が持てるのが正座です。腰が立つと言われていますが腰痛持ちの方には正座が好きな方が多いように感じますね。私は正座が楽です(笑)

サポーターがとっても安心感につながる

サポーターがとっても信頼できますね。サポーターを装着している時としていない時では気持ちの持ちようが変わります。私はサポーターをつけていても再発したことがありますが、サポーターをつけているほうが気持ち的にとても楽です。

発症時には座り方がおかしい。

腰痛が発症しているときは、何かの動物ではないか?と思うくらいゆっくり座ります。座る途中で痛みが走ったりするので変な動きが必ず発生します。周りのみなさんはその動きが面白いのかいつも笑われますね(笑)生まれたての馬とか言われたことが何度もあります・・・

ヘルニアではない腰痛持ちは心配されない・・・

いっそのことヘルニアと診断されたほうが心に余裕が持てるかもと思うくらいヘルニアではない腰痛持ちには、みんなが冷たい・・・以前の会社では幾度なく下記のようなやり取りをしていました。

上司
ヘルニアではないんだよね?

ぱんつ
はい、違います。腰痛です。

上司
じゃ、なんとか大丈夫だね。
重たいから気をつけて持ってきてね

って何が大丈夫なんだ??痛くて動きが鈍っている時に限ってこのやり取りをよくやっていました。どう見ても動きが鈍くなっているのだから無理なの分かりませんか?と言いたかったです。



【スポンサードリンク】

最後に・・・

椎間板ヘルニアの方々はもっと悲惨な毎日があるかと思います。わたしは何度か検査をしましたが椎間板ヘルニアと診断されていません。ぎっくり腰からきている腰痛らしいです。痛いときは本当に動き宅なのですがそうはいっていられませんのでどうにかその場を凌いでいます。

腰痛持ちの方にすこしでも共感して頂ければと思います(笑)



スポンサードリンク
スポンサードリンク