FAMILY NOTE

趣味や調べもの、子ども達のささいな質問、家族の出来事などを記事にしていきたい!

西日本・東日本も大荒れの予想!

f:id:tarubomirubo:20190520143957j:plain



令和に入り、早くもいろいろな事件などが起こっていますが、18日より非常に激しい雨が降りましたね。なんと鹿児島県屋久島町では291ミリもの降水量を観測した!昨年も大雨被害からの洪水や氾濫などの自然の驚異を感じる災害が多くありましたが令和元年も自然の力を見せつけられる予感がします。

九州南部に局地的大雨

鹿児島県屋久島で登山客ら約約300人が孤立というニュースが各メディアで放送されていました。ネットニュースでもトップに並ぶほどのニュースになっています。鹿児島県だけでなくその周辺の宮崎県でも激しい雨が降った模様。鹿児島県屋久島に知り合いはいませんが宮崎県に知り合いがいます。連絡してみるとやはりいつもの大雨とは違って雨の勢いがすごい!と教えてくれました。

鹿児島県屋久島町ではなんと291ミリの降水量を観測しています。屋久島といえば世界自然遺産・屋久島の観光名所「縄文杉」があります。縄文杉を見ようと登山に入った約300名が道が大雨の影響で陥没したり、道路が滝のようになっていて通ることが出来ない状態。ニュース映像などを見る限りとても怖いですね。水の力、勢いは想像以上のものがあるので本当に無理せず安全を考慮して救助隊を待っていてほしいです。

屋久島の孤立314人、全て救助 - ロイター

孤立していた約300名は全員救助されたようです。




【スポンサードリンク】


50年に1度の記録的な大雨

令和元年に入り、いきなりの自然の猛威「記録的短時間大雨情報」が発表され、「50年に1度の記録的な大雨」となりました。
weathernews.jp

鹿児島県屋久島では降り始めから雨量が450ミリを超えるほどの、50年に1度の記録的な大雨。

最後に・・・

20日(月)から21日(火)にかけては寒冷前線が西日本・東日本を通過する予想。暖かく湿った空気が入り込んでくるので、広範囲に雨雲が発生する予想がでています。

その影響で西日本、東日本太平洋側で大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要とされています。また台風並みではないが、全国的に風も強まり、非常に荒れた天気になる予報が出ています。
最新情報だと夕方6時くらいから東海や関東でも本降りの雨になる予報が出ているので帰宅時間に重なる可能性が大きい。また大荒れの天気は明日21日(火)午前中まで続く模様です。

21日の早朝も雨が強くなると予想され傘も役に立たないくらいと言われています。出勤時に重なる地域は時間に余裕をもって出勤したほうがよさそうですね・・・おやじは、雨に負けずにバイクで通勤しますが(笑)

また週後半から週末にかけては夏の暑さになるみたいです。30℃近くまで上がるところもあるようなので体調管理に十分に注意したほうがよさそうです。

週末の運動会を控えている地域は、熱中症対策をしっかりと取ったほうがいいですね。

おやじ子どもたちの運動会はもう終わったので週末の方々はしっかりと対策をとって子ども達の応援に力を入れてほしいですね!

ああ、本格的に夏の灼熱地獄が今年も始まるのかぁ・・・では




【スポンサードリンク】




「令和」になりTwitterをはじめました!よかったらフォローしてね!
いちごぱんつ (@itigopantudayo) | Twitter


楽天市場のショッピングSNSはROOM! room.rakuten.co.jp