FAMILY NOTE

趣味や調べもの、子ども達のささいな質問、家族の出来事などを記事にしていきたい!

もうすぐ平成最後のクリスマス到来!

平成最後のクリスマスまでもうすぐですね。本当に12月?と感じます。今年はかなりの暖冬ですね。

でもでも、カップルや子どもたちには待ち遠しいクリスマス!子どもたちはサンタさんに何をお願いしたのかな??
今年は連休と重なっているので休みが取れるか・・・毎年のことながら年末は年明けの納期に合わせてとてつもなく忙しくなるんです。今年はどうなるか?家族とクリスマスを楽しめるか!そんな心境です・・・

そもそもクリスマスって何?

わたしが幼少期からクリスマスはありました(笑)サンタクロースもいい子にしていたので毎年必ずプレゼントを貰っていました(笑)
本題です、そもそもクリスマスって何?
クリスマスは英語で書くと「Christmas」です。英文字の「Christmas」は、分解すると「キリスト(Christ)のミサ(mass)」という意味になります。日本でも世界でも、「聖夜(キリストが生まれた夜)」という意味が有名ですね。イエス・キリストが生まれたことをお祝いする日ということで、イエス・キリストの誕生日ということになります。

12月24日・25日と二日間ありますが、一般的には24日の夜にサンタクロースが世界中の子供たちにプレゼントを配り、25日にクリスマスパーティーをする。でも家庭の事情などで日にちが前後する家庭もあります。

12月24日は「クリスマス・イブ」、簡単に「前夜祭」の事なんです。ほとんどの方が知っていると思いますが、英語の「イブニング」から「イブ」を略して24日は「クリスマス・イブ」と呼ばれるようになりました。また、イエス・キリストが生まれたことをお祝いする日とも言われていますが、イエス・キリストが生まれたのは12月25日と言われています。。誕生日でもいいかもしれません。

もうひとつ・・・どうして「メリー・クリスマス」って言うの??と子ども達にもよく聞かれます。単純にメリー「Merry」で「楽しい」などの意味を持っていることから「メリークリスマス」は「楽しいクリスマスを!!」という意味でいいと思います。
これは、学生時代に聞いたことがあったくらいで実際にはどうなのかな・・・




クリスマス・カラー

クリスマスカラーと言えば、緑と赤が一般的ですね。ご存知の方もいると思いますが、どうして緑と赤が一般的なクリスマスカラーと言われているのか??

クリスマスカラーの緑は、クリスマスツリーによく使われるもみの木(常緑針葉樹)。とても強い生命力があり、一年中葉を茂らせることから常に緑がある植物です。
クリスマスカラーの赤は、イエス・キリストが十字架にかかって最後を迎えました。その時に流れた血から赤。

このクリスマスカラーの意味も学生時代に聞いた話です。実際は違うかもしれませんが本当だったらなんか怖いですね・・・でもクリスマスカラーは昔から緑と赤なのでほかの色に変ってしまったらクリスマスではなくなってしまうかも・・・

サンタクロースとクリスマス

サンタ・クロースの起源は、ニコラオスという司教がいました。ニコラオスは、子供たちや貧しい人々を助けていたようです。このニコオラ司教の行動から、非常にたくさんの人から慕われていました。そして、いつの日か、「聖ニコラオス」と呼ばれるようになりました。
この話がアメリカに渡り、英語の発音が変化して・・・なまって??、「Santa Claus」サンタ・クロースになったそうです。

なまりや、イントネーションなどの違いから言葉が変化することってよくありますね。でも「聖ニコオラス」だと言いずらいので「サンタ・クロース」になってよかった気がします(笑)

サンタ・クロースの話がいろいろ変化してトナカイのそりで世界中のいい子にプレゼントする。また煙突が主流だった時代の事もあり煙突から入ってくるという話になっていったようです。




最後に・・・

平成最後のクリスマスになってしまいますが家族とワイワイ楽しみたいと思います。あまり寒くないのでクリスマス気分にはなっていませんが・・・

また下の子がサンタさん、寒くないけど来れるの??と心配していました(笑)

わたしも、サンタさんに休みが取れるようにお願いしておきます。(笑)

みなさんにも素敵なクリスマスが訪れます様に!




【スポンサードリンク】

スポンサードリンク
スポンサードリンク